人間性が問われる看護の仕事

医療機関での仕事は医学的な技術だけではなく、人間性も重視されます。とりわけ患者と直接触れ合う機会が多い看護師は、患者やその家族とのコミュニケーション力が評価の基準となります。

また、病院に勤務する医師や後輩のナースなどの医療スタッフとのやりとりも、人間性を表現する材料となります。周囲と信頼関係を築くためには、日々の心掛けが重要になります。その為、尊敬される看護師となるためには医学的な技術や知識に精通しているだけではなく、患者や周囲のスタッフに安心感を与える事が出来る人材である事も大切な要素になってくるのです。

看護師の仕事は、勤務先の診療科ごとに患者の年齢層が大きく異なります。その結果として、患者との意思疎通の方法にも違いが生じるでしょう。具体例としては、聴覚機能の低下した高齢者には、大きな声と明瞭な発音で対応する事が必要です。また、理解力が乏しい子供には分かりやすい言葉を選び説明をする事も大切であり、さらに病院での治療に恐怖感を抱かせない為にも看護師が率先して居心地の良い環境を整える事が大切です。

勤務先でのこうした振る舞いは看護師としては欠かせない要素です。そして、これらの立ち振る舞いが周囲から評価されることで、個々の勤務先でのキャリアアップにも貢献する事になるのです。有能なナースとして認められるためには、勤務先ごとで異なる患者の性質やコミュニケーションスキルを見極めた上でケアに従事できる能力を持っていることが要求されます。